為替介入(外国為替平衡操作)というものをご存知ですか?日本銀行が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、雑誌、TV、ネット等の報道記事で目にした人もたくさんいるでしょう。元来為替への介入というのは日本においては、◯財務大臣が円相場の安定性を実現できるように行なう方策ということで位置づけられています。簡潔に言えば、激しい円高または円安になった際に財務大臣の指図によって中央銀行(日本銀行)日本円の売り買いをして相場の安定性を狙うものです。為替介入(外国為替市場介入)とは方法があるのです。1.単独介入・・・政府機関・中央銀行(日本銀行)が東京市場の中で自主的に市場に参入してきて為替の介入を行なう。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが話し合ったうえそれぞれの通貨当局の持ち金を用い同時期にもしくは引き続いて為替介入(外国為替市場介入)を実行する。3.委託介入・・・異国の通貨当局に向けて為替介入をお願いする。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が国外の銀行などに代えて為替の介入をする。こんなような方法があります。どのケースの外国為替市場介入(為替介入)もその場、もしくは連続して為替のレートにたくさんの影響を与えるはずです。外国為替平衡操作(為替介入)のお金は当たり前のことですが自分の国の面子をかけて行なうだけに桁外れです。円を例に説明すると、普段は少しだけ変動する為替レートが唐突にかなり変動をします。投資家の方であれば一回は経験したことがあると思いますが、それまで含み益(もしくは損失)が多いポジションを持っていたにもかかわらず、持続している持ち高が決済となりましたとの内容の連絡がFX業者の人間よりメールが届き。いくらくらい黒字になったのか(赤字になったのか)?と気にしながら決済後の報告を見たところ、自ら想像していた結果とはまったく逆の状況となってしまい目が点になってしまうことがよくありました。為替の介入が実施された場合によく起こることなのです。このように為替介入(外国為替平衡操作)が施行されることで、為替市場のトレンドと正反対の変化をすることがわかります。なおかつ動く額の幅は非常に大幅に動きますので用心が必要なのです。