やっと仕かける時という状況では始めに準備をおろそかにしてはいけません。トレードを行う前ならば出来事を理性的に見ることが出来ます。ところが、マーケットの内側へ立ち入ってしまうと捉え方が自分勝手なものになり時には適切な見方ができなくなる恐れが生じる。だからこそあなたの考え方が客観的なうちに、きちっと事前準備が大事です。この準備とは、最初はあなただけの物語を描くことから行います。マーケットはこうなるだろうから、この通貨を売る(あるいは買う)といった自分で考えた脚本を書いていきます。次に重要なのはチャートを調べましょう。以前の市場の上下を見極めて値段を見ます。そうすると、「今は割りに行き過ぎたレベルだ」など、または「今となっては大多数の投資家の方々が売買しているからこれから急にエントリーしてももう間に合わないな」ということが見えてくる。当たり前ですが今はもう売買するのがやりようがないと感じたら売買しないで、その場面ではすっぱりとあきらめることか肝心です。どう工夫しても自身の筋書きを押し通して、無理に取引すると為替相場にやられて、損失を被ることになります。とは言ってもたいがいの場合では、準備万端のあなたなりの脚本を作っているとエントリーが遅いという場面にはなることはありません。大方、リアルにマーケットが上げ下げする前の状況のはずです。次に、まずは自分がエントリーしようと決めている外貨ポジションの推移を、注意深く把握する事が肝心。ドル高に向うであろうという物語を描いたのであれば、ドルの動きに用心しておきます。外国為替市場の推移を注視し始めた状態ではまだ該当の外貨ははっきりと推移する素振りを見せることはなく、上や下にわずかな変化を繰り返しているだけだろう。だが、その変動をじっとチェックしているとある状況でゆっくりと、ドル高の方向へと相場が動き始めます。このチャンスで、ドル買いの新規取引します。基本的に、準備をすれば、そのトレードで利益を上げる割合は結構高まるはずだ。