外国為替取引市場としてのFXのことを詳しく追求してみましょう。FXというものは二種類の通貨を売り買いしその二つの差額を獲得できるといったようなやり方です。二つのお金の中で出る利益をスワップ金利と呼びます。こういったスワップ金利というのは、本当はスワップポイントと呼ぶとのことです。外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)とは、一日ごとにでも獲得できますけれども、為替相場の変わり方によって変わるのだそうです。こうしたスワップポイントの獲得がねらいで、トレードをする方々もいるようです。スワップポイントは業者により異なってくるのでほんのわずかでも差益の金額が高い業者でトレードしたいものです。ただし、スワップポイントは為替のレートが動くと変化するので用心してください。もう一つ、為替の取引を行うためにはグラフを読めるのが大事になっています。こうした図表を読み取れると為替トレードの動き方を予想する可能になるそうです。外国の為替に慣れていない人が見た際何を表しているチャート?のように難しく思えてしまうと思いますが要所をわかっていることによりチャートを読む事が出来るようになるそうです。どのタイミングで円が上がっている又は下降しているという感じで、今が最近では円安だろうとこのチャートを読める事で判別する事が可能になり為替取引をやる時は非常に便利な情報となるそうです。チャートは日本の中ではローソク足(陰陽足)が使われその名の通りローソクの形に似た図で表示されているのです。そのローソク足(陰陽足)によって、高値・安値なおかつ終値・始値を表していてグラフでいろんな格好となっているのです。