外為取引(FX)には取引所取引というものがあります。普通の外国為替証拠金取引(FX)企業と商業取引を行う行為を「店頭取引」と言うのですが、この取引に関しては取引所を通さないで売買のパートナーは外為取引業者になります。「取引所取引」という場所はFX(外国為替証拠金取引)企業はあくまでも橋渡し役であるので直接の商売ペアは取引所を意味する事になります。この違いをちょっと比較してみましょう。「店頭取引」の際は委託している資金は外為業者にコントロールされているのです。反面「取引所取引」の折、そのお金は全金額取引所に入金しないといけないと義務にされています。仮にFX(外国為替証拠金取引)企業が経営破たんするという話が万が一あったとしても後者は、取引所によって証拠金が全姿金保護してもらうことになっています。前者の場合はFX業者がコントロールしているから、状況を見て企業パンクのつけをに襲われて預金していた資金はガードされずにいくのかもという可能性があります。そして税金を考慮しても両者に関しては条件に違いがあります。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップポイントなどを雑所得として月給と合計で申請せねばいけません。ものの確定申告せず済む機会もありますので、自身に該当するのかしないのかじっくり確かめるようにしてください。万一あなたがビジネスマンで年収2000万円以下、給与の所得以外の稼ぎが20万円以下(2社以上の事業者から給料の所得が無いということ)という条件を守っているのであれば例外というお話で確定申告は不要になります。FXのもうけが20万円以上の場合は確定申告をするようにして下さい。税率は実収に付随して5パーセントから40パーセントの6つの段階に組み分けされていまして実入りが高ければ高いほど税も高くなります。「取引所取引」に関しては、収益が他の利益とは別として「申告分離課税」のターゲットとなるのです。税の割合は全て同じ20%となるんですが仮に損金が確定したのであれば「取引所取引」のメリットとして損分を次年以降に先送りするということが可能です。上記から読んでも、「取引所取引」の方がより安い税率になる時というのも大いにあるので検討して見ていった方が良いでしょう。分けても未経験者のケースは、JASDAQ株価の上がり下がりや円の動きに日ごと気を配り、もうけや赤字にドキドキするあまり、税金を払うという事態を忘れ易くなることもありがちです。欠損分は困ってしまいますが、利益が多くなれば税金も金額が多くなるので神経を使うのと意識がポイントですね。